まだ解放されませんね

一時、解放へ大きく動いたかに見えましたが、その後全然進展なし。
ただ、ただ、一刻も早く無事に解放されることをお祈りするしかできませんが…。

マスコミ報道のせいもあると思いますが、デモなどしている団体の主張が「被害者の解放」より「自衛隊の撤収」の方に比重がかかっている様な気もするのですが、気のせいでしょうか?テレビは全然見れてないのでわからないのですが、Webや新聞(家では見てないけどホテルで見ている)、iモード等で見る限り。

なんか、違和感ありますよね。まずは、政府と犯人グループの間に直接/間接問わずきちんとした交渉ルートを作らないと。「自衛隊撤退」は交渉の際の最後の最後に切るカードになると思いますよ。

しかし、このニュースこのコラムを読むと、日本政府の交渉下手ぶりも際だってますね。

私の理想としては、早期に解放してもらってから、改めて「イラクは全域が戦闘地域」として自衛隊撤収。6月(予定)の暫定政府への権限委譲後に新生イラクから要請ががあるか、国連決議があれば自衛隊を派遣すれば良いと思う。

まぁ、その場合、ブッシュ再選が非常に怖いんですが、アメリカ国民が賢明であることを信じます。

「インチキな選挙で選ばれ、インチキな理由で国民を騙し、インチキな理由で戦争した人物その名を○○○○・W・○○○○43代○○○○大統領」
アカデミー・ドキュメンタリー賞を受賞したマイケル・ムーアー

この記事へのコメント

どっちがインチキなんだか
2004年04月14日 07:38
選挙結果にイチャモンつけることほど、民主主義を馬鹿にした態度はないと思いますが。

この記事へのトラックバック