力投型投手の宿命

報われない好投。(04/04/24 Sat)」について
黒木投手は怪我をする前からそうなのですが、良いピッチングをすればするほど、相手投手の好投を引き出してしまい、味方の援護が受けられない気がします。村田兆治さんの現役時代終盤もそうでした。力投型の投手の宿命かも知れませんね。反対に軟投型の投手は、出塁が少なくてテンポが良ければ良いのですが、四球が多かったりすると野手のリズムが崩れてこれまた援護が少なくなる…。
やはり、勝負強く、エースが投げる時ほど活躍する『頼れる4番』が必要ですね。スンヨプの復調と、今江選手の成長を、切に、切に願います。

"力投型投手の宿命" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント