マリーンズ今年の展望1・投手編

キャンプも始まり、球春到来!って事で、今年のマリーンズを展望してみましょう。

今日は投手陣について。

新戦力でマスコミから注目されているのは手嶌投手と久保投手。
久保投手は去年社会人野球で急成長した『松阪世代最後の大物』だそうです。
手嶌の方は、体も大きそうで、顔もあごがやたら長くてインパクトは抜群なんですが、実力の方はまだ未知数ですね。二人とも完成された投手と言う感じではないのでエース級の活躍は無さそうですが、一軍で通用する素質は十分ありそうです。

中継ぎでは移籍の山北投手や復活を期す加藤投手、そろそろブレイクしてもおかしくない浅間投手などの左投手に期待したいですね。そうすることで、セラフィニ投手を先発で使えますから。

中継ぎ左腕は誰かがブレイクしてくれる前提で、ローテは清水直、渡辺俊、小林宏、セラフィニが軸でしょうか。後は黒木、小宮山投手、小野投手、内投手、加藤投手、手嶌投手、久保投手の中から調子をみてローテをまわして行くでしょう。

中継ぎは、藪田投手は確定的。後はローテを外れた先発メンバーと、藤田投手、高木投手、山北投手らの左投手で調子の良いひとで、って感じでしょうか。

抑えは小林雅投手で決まりでしょうね。もしもの時のバックアップには昨年のオリンピック期間同様、藪田投手になるでしょう。

総括すると、昨年以上の厚みがある投手陣が構成可能です。『飛ばないボール』効果もあるでしょうし、キャッチャーや野手の守備次第では、防御率は相当下がるんじゃないでしょうか?かなり、期待できると思います。

"マリーンズ今年の展望1・投手編" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント